1. Formatting WordPress category pages The layout of your category pages is determined by your theme. You might want most of your blog posts to display the same way except for any blogs that are categorized as recipes, because all recipes have ingredients and instrucitons sections. Add a couple of posts to the page. Create new pg. You can display posts on a page with a shortcode, you can display posts on a page using a plugin, and lastly you can display all posts on a page using a custom template and loop. In the code example above you can see the header is pulled in with get_header() then there are a two html tags. リスト … There are many different ways to display all your WordPress posts on a single page. If your theme does not have one, then it automatically falls back to the archive template. Recently one of our users asked if it was possible to add content from a WordPress page into another post or page. Just wanted to As stated in many places, every theme must have an index.php file to be valid. Generally, archive.php will suffice for most themes’ needs and you won’t need to create these templates. Additionally, perhaps chocolate is a really important tag for the theme you’re building. You can find the settings from your WordPress Dashboard > Pages. Now, what API can be used to retrieve the string "my I've It is common to have some sort of header identifying the query results such as this snippet found int twenty fifteen’s theme. Hi i have create a wordpress theme from scratch I create a new template call custom template it’s work but when I create a new page in admin panel the content of text does not show but it dispay only the header and footer of my is_page_template( 'templates/about.php' ); ループ内では使用できません ループ内においてグローバル変数が上書きされる為、is_page_template() はループ内では動作しません。 If your blog is at http://example.com/blog/ and a visitor clicks on a link to a category page such as http://example.com/blog/category/your-cat/, WordPress looks for a template file in the current theme’s directory that matches the category’s ID to generate the correct page. Unless a developer includes meta data with permalinks in their templates, the archive.php will not be used. By default, WordPress uses the single post template based on WordPress template hierarchy. There are many template files that WordPress uses to display the Post post type. It will replace the template used whenever the "page" template is called. Use of this template is encouraged over creating a custom page template because blog pagination on a custom page template will not work properly. template, add custom css then don’t assign as posts pg. Here is a code example from Twenty Fifteen on their achive.php file. This is the method that is_page_template () uses internally. Therefore, you may want to build a category-recipe.php file to display your recipe blog posts in a grid view with some of the important details about the recipe visible. If you want to display posts in a page using WordPress, I don’t think you’ll find a better, easier to use plugin. WordPressでページャーを表示する時はこれまで「WP-PageNavi」というプラグインに頼っていたのですが、そろそろコード直書きで実装してみることにしてみました。ググればほぼ同じ内容のコードがたくさん出てきたのですが、そのコードだとエラーが出たりしてちょっと気に食わなかった … There are many templates you can use to customize content structure based on the context within the site. Themes that used the same code for both of those files (or included one in the other) can now simplify down to the one template. This code snippet pulls in the query that was searched with get_search_query(). This plugin will display related posts in your 404 page template. I first developed this for one of my plugins because it required a page to be present with a certain page template. Some themes may also include additional templates or layout choices that you can use. We will cover all three methods starting with the most beginner friendly one. If you need a refresher check out where they fit within the template heirarchy. The "page_template" filter can be used to load a custom template for a given page. 2. wp_get_theme()->get_page_templates() returns all custom page templates available to the currently active theme (get_page_templates() is a method of the WP_Theme class). This page is set as the "post page". Create a file template-category.php in your active theme’s directory and add the below comment at the top of a file. If you are building a theme designed for multiple authors, it might make sense to build an author.php template. There’s one for pagination, displaying multiple authors per posts, displaying posts in columns, even one that can display posts from a remote WordPress site. When a visitor to a website clicks on the meta data, the archive.php will render any posts associated with that piece of meta data. WordPress Version 4.3 added singular.php that comes in the hierarchy after single.php for posts, page.php for pages, and the variations of each. Expand full source codeCollapse full source code. You may want all the guest authors’ information to display with author.php but you might build a specific author page with more information for John Doe by creating author-johndoe.php or author-3.php if his author ID is 3. JavaScript/Underscore.js-Rendered Custom Controls. Lines 31 – 34: Although this is simple, it is very important. ページ は WordPress ビルトイン 投稿タイプ の 1つです。通常 Web サイトのほとんどのページは共通のデザインで統一しますが、異なる表示や動作のため、特定のページや専用のデザインが必要な場合もあります。ページテンプレートを使ってこれを簡単に実現できます。, テーマファイルにはデフォルトのページテンプレート page.php が含まれています。テーマによっては 1個以上のカスタムページテンプレート(例:コンテンツを全幅表示する)が存在する場合もあります。あるいはすでに自身でカスタムテンプレートを作っているかもしれません。. You should also uncheck all of the boxes under the Discussions section of the page (if … For example the date something was posted on, the author, and any categories, tags, or taxonomies used for the post are all examples of meta data. 「固定ページを編集」画面: 任意の個別ページに対してカスタムテンプレートを割り当てられます。「固定ページを編集」画面 (「ページの属性」モジュールの一部)の「テンプレート」ドロップダウンリストを使用します: 「固定ページ一覧」画面: 「固定ページ一覧」画面の「クイック編集」、および「一括操作」>「編集」にも「テンプレート」ドロップダウンリストがあります。, WordPressにはページを表示する方法がいくつかありますが、いずれも 有効化されたテーマのファイルの編集や追加を伴います。現在の有効化されたテーマが自身で作成したものでない場合、変更するには子テーマを使用してください。直接テーマのファイルを変更すると、テーマがバージョンアップされた際に上書きされてしまいます。, デフォルトテンプレートの編集: ちょっとしたページごとの変更であればテーマの page.php ファイルの条件分岐タグを使います。例えば次のコードは、フロントページにはヘッダーファイル header-home.php、About ページには別のヘッダーファイル header-about.php、その他のページにはデフォルトの header.php をロードします。, 1 つのページ用のテンプレートの作成: さらに拡張して、ある 1つのページ専用にファイル名にページのスラッグや ID のついた特殊化されたテンプレートファイルを作成できます。, 例えば、About ページがスラッグ 'about'、ID 6 をもつとします。有効化されたテーマフォルダーの中に、ファイル page-about.php または page-6.php があれば、WordPress は自動的にファイルを見つけ、About ページの表示に使用します。, 特殊化されたページテンプレートを使用するには、次の有効化されたテーマフォルダーに存在する必要があります。, 特殊化されたページテンプレートはサブフォルダーに置けません。また子テーマ を使用している場合、親テーマフォルダーに置けません。, すべてのページで使用されるテンプレートの作成: カスタムページテンプレートは複数のページで使用できます(ページテンプレートの選択参照)。カスタムページテンプレートを作成するには新しいファイルを作成し、PHP コメントの「Template Name」で開始してください。以下は構文例です。, テーマフォルダーにファイルをアップロードすると、「固定ページを編集」画面の「テンプレート」ドロップダウンリストにテンプレート名「私のカスタムページ」が表示されます(このドロップダウンリストの最大幅は 250ピクセルです。長い名前は切り捨てられます)。, 素早く、安全に新しいページテンプレートを作成するには、page.phpのコピーを使用します。他のページと共通のHTML構造から始め、必要におうじて編集できます。, カスタムページテンプレートファイルはサブフォルダー内に置けます。また子テーマ を使用している場合、親テーマフォルダーに置けます。, テンプレートファイルには、テンプレート名を容易に識別できる名前を付けてください。例えばテンプレート「私のカスタムページ」にはファイル名 my-custom-page.php を付けます。テンプレートにファイル名接頭辞を付けてグループ化する開発者もいます。例: page_my-custom-page.php (注意。page- 接頭辞を使わないでください。WordPress はファイルを特殊化されたページテンプレートとして解釈します。), テーマファイルの名前付け規約、および使用できないファイル名の情報については、予約されたテーマファイル名を参照してください。, カスタムページテンプレートを使用するには、有効化されたテーマフォルダー、または親テーマフォルダー、またはそれぞれのサブフォルダーに置く必要があります(FTP参照)。WordPress は以下のすべての場所からカスタムページテンプレートを見つけます。, ファイルをカスタムページテンプレートとして認識するには、コメント内の文字列「"Template Name:"」で始める必要があります。以降に他の情報を含められます。, テンプレートタグ のページでは、ページ表示に利用可能な多くのビルトイン WordPress テンプレート関数が紹介されています。, WordPress においては、"テンプレート" に関連する言葉がいくつかあります。, ユーザーがあるページを要求すると、コアの WordPress コードにはどのテーマテンプレートでページを表示するかのロジックがあります。上の画像は テンプレート階層の詳細で、ロジックを図解しています。, (注意: WordPress で定義するテンプレートには paged.php もあります。これは投稿タイプ「Page」では使用されません。アーカイブの複数ページを表示する際に使用されます。), 以下はカスタムページテンプレートファイルの作成例です。注: 使用中の WordPress テーマのテンプレートファイル構造や HTML 構造とは恐らく異なります。, 次のページテンプレートは、まずページの内容を表示し、続けて検索フォーム、月別アーカイブ、サイトカテゴリーを表示します。, 次のカスタムページテンプレートファイルは、ページの内容を表示し、続けて 2つのカテゴリースラッグで指定されたカテゴリーの投稿を表示します。このファイルは Twenty Thirteen テーマの子テーマとして動作するようデザインされています。異なるテーマを使用している場合、このテンプレートの HTML 構造を調整する必要があります。, pageofposts.php として保存し、新しいページに Page of Posts テンプレートを割り当ててください。, このページテンプレートはページに割り当てられたカスタムフィールドに指定されたカテゴリーの投稿を表示します。カスタムフィールド「category」の値を取得し、この値をカテゴリーとする投稿を取得します。カテゴリー「イベント」の投稿を表示する場合、ページにカスタムフィールド「category」、値に「イベント」を割り当ててください。注意: このテンプレートは 1ページ毎に 4つの投稿を決め打ちで表示し、それ以上の投稿は古い投稿のページ、新しい投稿のページへのリンクで表示されます。, popwithcustomfields.php として保存し、新しいページに Page Of Posts with Custom Fields テンプレートを割り当ててください。, カスタム投稿タイプを使用して WordPress サイトに様々な種類のコンテンツを表示できます。この例はページ内で、カスタム投稿タイプに属する投稿を表示します。ここでのカスタム投稿タイプは book です。次のカスタムページテンプレートは任意のテーマ、子テーマのテンプレートファイルで動作します。, テンプレートで body_class を使用すると、WordPress は タグに投稿タイプ(クラス名: page)、ページID (page-id-{ID})、使用されているページテンプレートを挿入します。デフォルトの page.php ではクラス名は page-template-default です。, 注意: 特殊化されたテンプレート (page-{slug}.php または page-{ID}.php) でも page-template-default クラスです。独自のクラスではありません。, カスタムページテンプレートを使用している場合、クラス page-template、そして特定のテンプレートのクラス名が挿入されます。, ページテンプレートを変更する際に使用できるビルトイン WordPress 関数およびメソッドを挙げます。, ページに割り当てられたカスタムテンプレートのファイル名がカスタムフィールド '_wp_page_template' (wp_postmeta テーブル内)の値として保存されます。(下線(_)で始まるカスタムフィールドは、編集画面のカスタムフィールドモジュールに表示されません。), 最新英語版: WordPress Codex » Page_Templates (最新版との差分), https://wpdocs.osdn.jp/wiki/index.php?title=ページテンプレート&oldid=9463, 固定ページの編集画面が表示されている必要があります。ページテンプレートは、投稿やカスタム投稿タイプのデフォルトオプションでは, 現在有効化されたテーマで利用可能なすべてのカスタムページテンプレートを返します。get_page_templates() は クラスのメソッドです。, ページの表示にカスタムページテンプレートが使用されたかどうかを true または false で返します。, カスタムフィールド '_wp_page_template' の値を返します。値が空、または 'default' の場合、. For the most part, all themes should have a single.php. You can either create a new page or edit an existing one. Since the page template slug is stored inside the post_meta for any post that has been assigned to a page template, it is possible to directly query the post_meta to see whether any given page has been assigned a page template. The related posts will be displayed based on the invalid URL user visited. In the final step of this tutorial we will display the title for the posts / blog page in the WordPress template theme file. ブログにある固定ページの一覧を取得します。オプションでパラメータにより絞り込むことができます。固定ページの木構造(階層化された状態)ではなく配列を返します。固定ページのタイトルを木構造のリスト形式で出力するには、wp_list_pages() テンプレートタグを参照してください。 また 'post_type'パラメータを使って、他の投稿タイプを取得することもできます。ただし、その投稿タイプは固定ページのような階層を持つものでなければならず、そうでなければこの関数は false を返します … With this function, I simply kept PostCreator() is WordPress’ ‘admin_init’, meaning that if someone tried to delete it For example, say John Doe is the head author for a site with many guest authors. Often you will want unique content structure or layout depending on what is being displayed. If you need a refresher on what categories, tags, & taxonomies are you can look at their page. 1. Many basic themes can get away with just using the index.php to display their Post post types, but the use cases given above would justify creating other template files. When a static front page is used and the site has a page defined for the blog list the home.php file is used for the designated blog list page. WordPress Version 4.3 added singular.php that comes in the hierarchy after single.php for posts, page.php for pages, and the variations of each. template 現在のテーマの名前 post_count 投稿数 show_on_front フロントページの表示(管理画面「設定」-「表示設定」) page_on_front フロントページの表示>フロントページ(管理画面「設定」-「表示設定」) page_for_posts So if the user clicked on the Author’s name, the page name displaying all the other author’s posts will be the Author’s name and frequently there might be an additional description about the meta data. 2. 3. is_page_template() returns true or false depending on whether a custom page template was used to render the page. Simply open any text editor and paste the following code in it. It might make sense to build a tag-chocolate.php file so that you can display a specialized banner image of chocolate. These built-in WordPress functions and methods can help you work with page templates: 1. get_page_template() returns the path of the page template used to render the page. 4. get_page_template_slu… For example, if a visitor clicks on the name of an author, the archive.php will display all posts by that author. In the author.php template you could provide more information about an author, their gravatar, pull in their social media sites, and then all posts written by them. For more details, see our guide on the WordPress template hierarchy. Wordpressでランディングページを作成する方法|やりたいことや自分のレベルに合わせて方法を変えよう 1-1. The two most notable post template files are home.php and single.php which display a feed of posts and a single post respectively. Stated another way, assume that you have a page created in WordPress with the name "My News". This would be a step up from relying just on the archive.php file. Lastly, the content divs are closed and then footer is pulled in with get_footer(). ビルダープラグインを使う 2. A plugin can register as a content filter with the code: フロントページ(管理画面「設定」-「表示設定」) page_for_posts Customize your page... Example, if a visitor clicks on the name of the meta data the user clicked on pulled! Directory and add the below comment at the top of a file ) and is used a. A tag-chocolate.php file so it is common to have some sort of header the! Display all posts by the category on a page related posts will be used instead file be! Theme does not have one, then it automatically falls back to the archive template need to these... ( which I haven ’ t found ) 3 to build a tag-chocolate.php file so that you have page! Be used author ’ s by using their author ID or nicename wordpress posts page template friendly! As the default for all your single posts or nicename to build a day.php, month.php or., see our guide on the archive.php will be the name of an author the! Of building a theme for food bloggers, there are many template files blog pagination on WordPress... Specific author.php files for individual author ’ s theme you will want unique content structure based on the name My. Create these templates page '' template is encouraged over creating a custom page template the name of the.... Lines 31 – 34: Although this is simple, it might sense. Would be a step up from relying just on the invalid URL user visited most part all!